「つくる人」と「つかう人」のこだわりを追求する

tsumug edge

「おうちネットワークカメラ」の使い方~赤ちゃんやペットがいると超便利! でも通知機能がちょっとクセモノ

f:id:yujihsmt:20181026113937j:plain
 IoTの入門ツールの1つともいえるネットワークカメラは、生活のいろんなシーンで役に立ってくれます。赤ちゃんのいる家庭では、赤ちゃんの様子を別室からチェックしたり、ペットのいる家では、外出先からペットの様子を見たり……。ただ、使ってみると通知機能の調整が意外と難しいという声も。今回はそんなネットワークカメラを愛用するtsumug edge編集部のメンバーたちによるIoTトークをお送りします。



タカキ:5歳児と0歳児の父。ガジェット好きで新製品に手を出しがち。tsumug edge編集長。
オカダ:3歳児と0歳児の母。IoT初心者。tsumug edge編集部員。
ななみん:IoT化した一軒家でねこたちと暮らす。「ななみんのIoTおうちハック」筆者



オカダネットワークカメラっていろんな用途があるけど、うちでは育児の必需品。1人目が生まれた時からプラネックスのネットワークカメラをベビーベッドの柵にセットして、寝ている赤ちゃんの姿をスマートフォンのアプリからリアルタイムに確認できるようにしてるんだよね。

 これがあると、赤ちゃんと少し離れてても安心。赤ちゃんをベビーベッドに寝かせたまま親がお風呂に入りたいとき、お風呂にスマホを持ち込めば、赤ちゃんの様子をチェックしつつくつろげたりとか。

f:id:yujihsmt:20181026113937j:plain
ベビーベッドで寝ている赤ちゃんをネットワークカメラで監視

f:id:yujihsmt:20181026114008p:plain
スマホアプリからこんな感じで見える

タカキ:あー、いいよね。うちもネットギアのネットワークカメラ使ってるよ。寝室のベビーベッドにカメラをセットして、ダイニングテーブルに置いてあるAmazon Echo Spotに赤ちゃんの映像が出るように設定している。「アレクサ、ベッドルーム映して」で映像が出るから、大人が寝室にいなくても赤ちゃんの様子を確認できて、安心感があるんだよね。

 カメラの映像は僕のiPhoneでも見られるようにしてて、会社でつらいことがあるときにそっと見る(笑)。

f:id:yujihsmt:20181026114123j:plain
寝室のベビーベッドで遊ぶ赤ちゃんの様子が

f:id:yujihsmt:20181026114155j:plain
リビングのEcho Spotに映し出される

 ただ、どのタイミングで通知させるかは悩み中。カメラが音や動きを検知するとスマートフォンに通知が来るんだけど、うちの赤ちゃんは今10カ月でめっちゃ動くので、動きを検知しまくって、1日何十通も通知が来るから、そのうち見なくなるんだよね。でも見ておかないと、いつの間にかカメラの向きが変わってて、まったく映ってないこともある(笑)。

f:id:yujihsmt:20181026114319j:plain
通知がものすごい数に

オカダ:私はアラート機能は使ってないけど、うちの子は生まれたてでまだあまり動かないから、アラート機能をオンにすれば、何か異常があった時にすぐ気づけそうでいいね。

ななみん:私は家で飼っているねこの監視にネットワークカメラを使っているんだけど、カメラをエサ場とトイレに向けておけば、食べる時とトイレの時だけしか通知が来ないので、通知量は良い感じなんだよね。

f:id:yujihsmt:20181026114414j:plain
ネットワークカメラとエサやり機能がついたペット見守り機「Petcube Bites」と、ななみんの飼い猫・けだまさん。Petcube Bitesの詳しいレビューはこちら

f:id:yujihsmt:20181026114510p:plain
Petcube Bitesで撮影した、ねこのトイレシーン

f:id:yujihsmt:20181026114541p:plain
Petcube Bitesの暗視カメラ機能で撮影。夜でもねこの様子をチェックできる

オカダ:そういえばうちも、旅行中に自宅に残したねこの様子をチェックする時にも使ってる。ねこ用のベッドが写るところに置いていることが多いかな。暗視カメラ機能があるので、夜でもちゃんとねこの姿をとらえてくれるのがいい。

タカキ子どもをベビーシッターに頼むとき、外出先から子どもやシッターさんの様子を確認するのにも使えるんだよね。その場合何台ぐらい設置したらいいのか、妻と議論したこともあるよ。

 この間1回だけ下の子をシッターさんを頼んで、その様子をカメラで見てたんだけど、シッターさんは子どもが寝るとすぐにベッドに置いちゃったから、寝ている間、シッターさんが何をしてたのか分からなくて。だから、ベッドの上だけじゃなくて、もう少し広い範囲が見られるように、台数を増やしたほうがいいかなって。

ななみん不要になったスマートフォンに「Alfred」っていう監視アプリを入れれば、ネットワークカメラを買い足さなくても、簡単にカメラを増やせるよ。

f:id:yujihsmt:20181101140455j:plain
Alfredのアプリ画面

タカキ:なるほど、それはいいね! macOS の最新版(Mojave)ってiPhoneのカメラをリモートカメラとして使えるんで、今度古いiPhoneで試してみようかな〜。

ななみん:うちはそれも含めて常に3台のカメラでねこを監視してる。えさ場とトイレと、寝室、ねこ部屋、って感じで。外出先でねこの様子を見る用途でも使っているし、うちは3階建ての戸建てで、家にいてもねこが目の届く範囲にいないことが多いから、ねこが今どこにいるか確認するのにも便利。

 あと、2階の窓から外が見えるところに1個置いて、玄関と駐車場が見渡せるようにすると便利と気づいたの。駐車場に置いてある車が傷つけられないか監視してるのと、宅配便を受け取れない時、盗まれる可能性の低いものであれば玄関に置いてもらうことがあるんだけど、ちゃんと置いてもらえているかをチェックしてるよ。

 カメラの置き場は何度も微調整したなあ。2階から1階を監視してると、隣の家のおばあちゃんが朝の散歩に出かけるのとかが通知されちゃったりしたから(笑)。ネコのトイレとエサを見るカメラも、はじめは洗濯物がひらひら揺れるのにも反応しちゃって、調整が大変だったよ。

オカダ:通知機能は便利だけど、うまく調整するのはなかなか難しいんだねー。

これからも、3人のIoT探求はこれからも続きそうです。


文:岡田有花

株式会社 tsumug | 〒810-0041 福岡市中央区大名 2 丁目 6-11 FUKUOKA growth next 301