家の近くにもうひとつのマイデスクを!「TiNK Desk」の使用感をレポート【六本木・池澤あやか編】

f:id:syakko:20200714112444j:plain

tsumugが提供する、フリーランスや複業従事者・リモートワーカー向けのワークスペース「TiNK Desk」。感染症対策のために一時休業していましたが、ここにきて再開されることになりました。そこで、東京・福岡に拠点がある「TiNK Desk」をtsumugのメンバーが実際に使ってレポート。記念すべき一回目は、池澤あやかさんが六本木の拠点を紹介します。

 

仕事が集中できる環境を家の近くに!「TiNK Desk

すっかり、在宅勤務やリモートワークが当たり前になってきました。とはいえ、家が仕事場になってしまうと、家族がいるので静かな環境で仕事ができなかったり、家のネットワークが遅かったり、仕事に集中できなかったりと、悩みも尽きません。


「こんなときに、仕事に集中できる環境が家の近くにあるといいのに」


そんな欲望を具現化させたサービスが「TiNK Desk」。マンションやホテルの空室を活用した小規模なレンタルワーキングスペースです。

f:id:syakko:20200714112510j:plain
「TiNK Desk」の概要イメージ。必要なものはひととおり揃っていそう

LINEから簡単に利用予約ができ、席の予約の時間になると、ワーキングスペースに入れるワンタイムキーが自動で送られてきて、入室できるようになります。利用終了後は、使用時間が自動で計算され、料金をLINE Payで支払うシステム。

f:id:syakko:20200714112536p:plain
LINEから利用予約・終了の操作ができるのでラクチン

7月より、まずは東京と福岡で、いくつかの拠点がオープンします。
現在、仮設サイトで拠点一覧を見ることができます。
sites.google.com

今回は残念ながら家の近くに拠点がなかった方も、今後も続々と増えていく計画なので、ぜひ楽しみにしていてください。

とはいえ、「どんなスペースなのか?」「どんなものが揃っているのか?」「使った感じはどうなのか?」などなど、使用前に知っておきたいところはたくさんあるはず。そこで、ソフトウェア開発メンバーの一員としてこのプロジェクトにも携わっているわたくし池澤が、現地よりレポートします!

 

いざ、六本木の TiNK Desk へ!

わたしが使用したのは六本木けやき坂エリアのマンションにある TiNK Desk。この日は、マンションの前に到着してからLINEを開き、「今スグ予約」で予約。席数が心配な方は、事前に予約しておくことをオススメします。(とはいえ、予約した時間は利用しなくても課金されてしまうので注意!)

f:id:syakko:20200714190251p:plain
今回お邪魔するのはコチラ!

「TiNK Desk」という表札が出ているドアを見つけたら、LINEのリッチメニューにある「解錠」ボタンを押すと、「カチャリ」と自動で鍵が開きます。

f:id:syakko:20200714112735j:plain
ドアプレートには「TiNK Desk」の文字が

マンションのワンルームを利用したワーキングスペースになっていて、六本木けやき坂の席数は、全部で4つ。ホワイトボードで仕切られた各デスクにはそれぞれ、机と椅子とモニターと各種充電ケーブルが備わっています。

これまで、家で仕事が捗らないときには、気分転換にカフェで仕事をすることも少なくありませんでした。しかしノートPCの小さい画面で仕事をするため、家では大型のモニターで作業していたぶん、作業効率が少し低下しているように感じることも多かったのです。

家の外で大型モニターを使って快適に作業できる環境があるのは、個人的にはとてもありがたいです。利用料込のWi-Fiがあり、高速回線を使用しているため、インターネットも非常に快適です。

f:id:syakko:20200714112927j:plain
パーティションで区切られたデスク
f:id:syakko:20200714112945j:plain
デスクにはモニターが標準装備


あと、日々いろいろなガジェットを持ち歩いている“ガジェットオタク”的には、充電ケーブルが充実しているのは大変うれしいポイント。

f:id:syakko:20200714113022j:plain
充電ケーブルが充実しているのはありがたい

デスクはなんと、一部の人から熱烈な支持を集めていると言われる昇降デスク(!)が採用されており、スタンディングデスクとしても使えます。操作も、電動なのでラクチン。ちなみに紹介したこれらの設備は、「TiNK Desk なら快適に仕事ができる!」と思ってもらうために、どこの拠点でも共通の機能をもったものが置かれています。

f:id:syakko:20200714113131j:plain
昇降式デスクなので、立ったまま仕事できる!

利用終了時間が近づき、そのあとの利用予約もなければ、自動で1時間延長されます。自動で延長されたぶんは、使った時間だけ課金されます(つまり延長されても使わなければ、そのぶんはかかりません)。

利用を終了するときは、利用終了して、部屋を退室したあと、LINEのリッチメニューの「利用終了」ボタンを押します。請求があれば、請求明細とLINE決済のボタンが出てくるので、そこから決済します。

f:id:syakko:20200714113153j:plain
全部LINE上で完結

 

オンライン会議をしても大丈夫?

「家の外で仕事したいけど、業務でオンライン会議が発生する必要があるので、こういう施設が使えるか不安」という方もいると思います。TiNK Desk では、ワーキングスペースでの会議は基本的にOKとなっています。しかし他のユーザーもいる状態なので、周りに心配りをしつつ、会議する必要があります。

また、この六本木けやき坂の拠点にはありませんが、ミーティングルームやチームルームを備えている拠点もあり、そうした拠点は別途ミーティングルームやチームルームを予約して使えます。とくに業務上秘匿すべき内容が含まれる会話は、そちらを予約して使用することを強くオススメします。

各拠点にどういったスペースがあるかは、施設一覧ページから確認できます。

sites.google.com

 

個人的な TiNK Desk オススメポイント

オフィスじゃないのに快適に作業ができる……というのも強みのひとつですが、わたしが強く感じている強みは、もうひとつあります。

そもそも、多くのコワーキングスペースは、使うまでのハードルが高い!一回きりで利用したいドロップイン会員でも、実際に窓口に行って、会員証をつくってから利用を開始するところが多いし、カードの管理も苦手だからすぐなくしちゃうし……。

しかしTiNK Desk の場合は、LINEで友人登録して、TiNKアカウントをつくって連携するだけで、全国すべての TiNK Desk が使えるようになります。加えて、月額課金ではなくて、使ったその都度課金のため、試しに使ってみる心理的ハードルが、普通のコワーキングスペースに比べてとても低いと感じます。

仮に、コロナウイルスが感染拡大状況に陥ってしまったときも、月額課金ではないので、タイミング問わず利用をストップできます。

 

まずはクーポンで無料お試しを!

現在は、オープン記念として、クーポン・キャンペーンも行っています。お近くにお住まいの方は、ぜひ、まずは無料で体験してみてください。クーポンコードはこちらから取得できます。
tsumug.com

そしてフィードバックがあれば、直接、もしくはSNSでご意見をお寄せいただけると……!日々、みなさんが働きやすい環境を整えられるよう、チーム一同がんばります!


文:池澤あやか

1991年7月28日 東京都出身。第6回東宝シンデレラオーディション審査員特別賞受賞。タレントとしてTV番組への出演やメディア媒体への寄稿などを行う一方、エンジニアとして、Webサイトの制作やプロトタイプアプリケーションの開発に携わっている。

合わせてご覧ください
edge.tsumug.com

edge.tsumug.com

株式会社 tsumug | 〒810-0041 福岡市中央区大名 2 丁目 6-11 FUKUOKA growth next 301