2人の本誌編集長がおすすめする記事6選

2020年は、新型コロナウイルス感染症の発生により、さまざまな場面で影響を受けました。そんな今だからこそおすすめしたい、tsumug edgeを統括する2人の編集長が選ぶ記事6本を紹介いたします。

鷹木編集長3選

編集長:鷹木創(So Takaki)
2002年にインプレスにて編集記者に。ケータイWatchやINTERNET Watchを経て、2006年にアイティメディアに転職。ビジネスマン向けの情報サイトなどの立ち上げに携わる。2013年にAOLオンライン・ジャパンに転職し、Engadget日本版の編集長を務める。2017年にスマートニュースに転職し、新しいメディアの形を模索中。個人としてもIBMやさくらインターネットなどのオウンドメディアにてアドバイザリーを担当している。

なぜスタートアップはCESに行くべきなのか 私がtsumug立ち上げ前にCESに参加した理由: 牧田が行くCES 2020

「次回のCESが完全オンライン開催に決まった今、地理的な参加は容易になるはず。オンラインだから初めて参加したいと思っている人たちも、このタイミングでオフライン開催だった前回のCESを見直すことで“予習”できるかもしれない」

edge.tsumug.com

ネット経由の電子投票は本当に透明性を保てるのか:電子立国エストニアの選挙事情

「安倍前総理大臣の突然の発表から菅総理大臣の就任まであっという間だったが、ここにきて衆議院の解散総選挙の話も出てきた。電子投票は日本でも長年検討が続いているが、すでにエストニアでは実現済み。総選挙をもし電子投票で行ったら――。そんなイメージもふくらみそうなエストニアの選挙事情だ」

edge.tsumug.com

「本当に自由な働き方」とは? “外注”メンバーに予算と権限、自分の報酬も自分で決定……tsumugの挑戦

「オンラインミーティングや在宅作業、などなどコロナ禍で注目を集めたリモートワーク。本当は組織だって(物理的に)離れ離れになって運営できるはず。tsumugの自由な働き方は今だからこそ必見だ」

edge.tsumug.com

 

藤井編集長3選

編集長:藤井 創(So Fujii)
1976年生まれ。東京都出身。米国留学卒業後、2000年に工学社に入社。2004年第2I/O編集部編集長を経て、2006年から2018年までI/O編集長。2018年4月より、フリーの編集者として最新の「テクノロイジー」とその先にあるものを常に追い掛けている。「紙」や「Web」にとらわれない新しいジャーナリズムも模索中。

あのゲーム機も、あのカメラも……ブランドを「色」で支える武蔵塗料の技術力:IoT女社長、牧田がゆく

「意外と知られていないけど、塗装の技術って実はものづくりに一番重要だったりする。これはけっこううち独自のスクープだと思う」

edge.tsumug.com

おもしろそうと思ったらなんでもやってみるのがいい。牧田社長が語る起業家ビジョン:東京理科大学登壇レポート

「牧田さんが母校でしゃべっている姿がかっこいい」

edge.tsumug.com

つくばからイノベーションが生まれないのはなぜか。その答えのひとつが「Tsukuba Mini Maker Faire 2020」:主催者独占インタビュー

「ものづくりイベントがなかなかできない世の中だからこそ、こういうイベントを応援したい」

edge.tsumug.com

株式会社 tsumug | 〒810-0041 福岡市中央区大名 2 丁目 6-11 FUKUOKA growth next 301