エストニアのEduTechの実態と課題──親と学校の対立はITで解消できるか

f:id:yujihsmt:20190301144955j:plain

北欧に位置するエストニアは「電子国家」として世界の注目を集めています。しかし、実際の生活がテクノロジーでどう変化しているのか、その実態は不明な部分も。エストニアに移住した筆者が見る電子国家のリアルを紹介する連載第3回です。

アインシュタイン超えの天才とその母の恐れ

ラマヌジャンという数学者がいる。彼はインドの片田舎で地面に数式を書いて過ごしていたが、数学以外に興味を持てなかったため、進学先のパッチャイヤッパル大学からの奨学金も打ち切られ、落第した。のちに幸運に恵まれニュートンの伝説の余韻が残る英ケンブリッジ大学に呼ばれることになり、数々の偉業を為すに至る。「宇宙人レベルの天才」「アインシュタインを超える逸材」と言われる彼は、その直感的な数学的発見を「女神ナマギリからもたらされたもの」と答える。彼にとって定理とは、神様の言葉だった。

彼を主人公にした映画『奇蹟がくれた数式』によると彼は、インドにいる妻をイギリスに呼ぶつもりだった。妻は彼に「早く呼び寄せてほしい」と書いた手紙を出そうとするが、彼の母に投函を阻まれていた。結局彼は、妻をイギリスに呼ぶことなく病に倒れ、インドに帰ることになる。母は、自分の息子がイギリスに行ったまま帰らなくなるのを恐れていたのだ。


エストニアの教育電子化「eKool」とは

子供が学校で何をしているのか、どのように過ごしているのかは、親にはよくわからない。幼かったり、思春期だったりする子供ならなおさらだ。ラマヌジャンの母のように気がかりで仕方のない親もいれば、学校が子育てを代わりにすべきだと言わんばかりに責任を押し付ける親もいる。

僕の妻はエストニアのプリスクール(幼稚園)で英語の先生をしている。エストニアはヨーロッパの中では英語がかなり得意なほうと言われるものの、年配の方などはエストニア語とロシア語しか話さないというケースも多い。実際に僕の義母はそのパターンで、妻を通訳にして話すしかない。その分、子供の英語教育には日本以上に熱心でもある。

f:id:yujihsmt:20190214162550j:plain

エストニアでは2002年から、学校と親のコミュニケーションを主目的としたeKool(e-school)というシステムが導入されており、成績や宿題の管理、出欠席の状況から教師の日誌のようなものまで共有されている。国が提供しているわけではないが、エストニアの国民ID「eID」と連携していたり、部分的に行政が国内の教育状況の把握ができるようにデータが共有されていたりする。現在では28-30%のエストニア人が利用しているそうで、海外への輸出も検討されている。

「不便」との声、ハッキングも 期待と問題入り混じる

しかし、その道のりは全く平坦ではなかった。いくつかの学校が「不便なのでもう使わない」宣言をしたり、2013年に広告を導入した時には国からも含めて総バッシングを受けたり、リニューアルしてSNS機能を追加した時には生徒からも「もうこれ以上ソーシャルなものはいらない。使える機能だけにしてほしい」など批判されたり、ハッキングを受けて成績の改ざんが試されたりなどなかなか踏んだり蹴ったりだ。

そういった問題を受けて、電子日記・教材管理に特化したStudioというシステムに乗り換える教育機関も増えた。その一つ、Tebosが運営するLearning Languageは、オンラインの教育者が個人のデジタル教材を寄託できるシステムで、教育の質を上げようとするものだ。これはエストニアのエンジェル投資家団体EstBANも評価し起業家コンテストで受賞するなど、eKoolの不評にも関わらず教育関連テクノロジー(EduTech)はやはり注目の的ではある。学校関連では、決済システムを握ろうとするスタートアップも多い。授業料や食費、レクリエーション費、教材費など様々な出費が発生するためだ。

EduTechが解決できていない課題

eKoolは、入力が多くて面倒という側面はあるが、導入されて長いので使う側は比較的慣れているようだ。最近はスマートフォンもあるので、入力やチェックも簡単になってきた。それでも教師と親が幸福になっているかというと、個人的にはまだまだそうでもないなと感じる。

妻のプリスクールは2-5歳の子供が在籍しており、全学年が一緒くたになって授業を受けている。ケンカで暴力を振るう子供がいた時、妻が叱ったことがあるが、その子の両親がやってきてプリスクールの経営者に文句が行き、経営者から妻が注意を受けた。ことの経緯はeKoolに書いてあるが、「子どもの情操教育も含めて学校の仕事だろう」という親を前にしては、オンラインでいくら詳細な経緯を説明してもあまり意味はない。

冬にある教師が辞めることになり、そのクラスを妻が持つことになった。しかしそれが親に知らされたのはクラス替えの2週間前だった。当然「説明してほしい」と親が学校に来た。授業の進行状況、使っていた教材などは共有されていたが、親はもっときちんとした説明を欲しがっていた。eKoolで成績や宿題の提出状況が見え、出欠席が見えても、親にの不安は消えないのだ。それが学校の現場と親の間に溝を作っている。これは日本でも変わらない話じゃないだろうか。

「学校と親のチーム化」をいかにデザインするか

トイストーリーなどで有名なPixarという会社では、監督同士が集まって特定の作品の進行状況を確認しながら、かなり辛辣な批判を交わす会がある。しかし、この批判を当の監督は受け入れて改善すべきものは改善する。その時に彼らがメタファーとして使うのは病院の医師会だ。もし患者の治療法が間違っている可能性があったとしたら、自分の患者じゃないからといって見過ごすだろうか。作品は患者であり、当の監督は主治医だ。他の監督はその患者が少しでも良くなるようにあらゆる情報を共有してもらい一緒に考える。

学校の教師も親も願うことは一つで、その生徒が幸せに成長してくれることだ。でも気がつけば対立し、お互い責任のなすりつけあいになりがちである。教師も生徒の数が多くなればケアしきれずパンクする。ソーシャルな機能をつけたから解決、という類のものではなく、教師も親も共同責任で同じ子供の同じ情報を持ちながらチームになっていかなければならない。実装よりも運用に重みがある。

f:id:yujihsmt:20190214162643j:plain

冒頭の数学者ラマヌジャンが亡くなったのは、菜食主義者の彼が食べられるものが戦時中の当時なかなか提供されなかったからとされる。もし大学が彼の母親とコミュニケーションがとれており、その食事のサポートのために妻が必要だと伝えられていれば、彼はもっと長くケンブリッジで研究を続けられたかもしれない。彼の世界に対する業績やその日々の生活についてもっと密に知れていれば、母親も妻も安心できたかもしれない。学校と親のコミュニケーション次第で、世界の歴史が変わったかもしれない。

EduTechは「学校と親のチーム化」をいかにデザインし実装できるかだなあ、と僕は思う。

こちらも合わせてご覧ください
edge.tsumug.com
edge.tsumug.com

文:高木泰弘

セントラルオクラホマ大学 マーケティング専攻。リクルートを経てコワーキングスペースsharebase.InCを創業。現在は株式会社WCSの取締役CFOとしてエストニアと日本を拠点に活動。

株式会社 tsumug | 〒810-0041 福岡市中央区大名 2 丁目 6-11 FUKUOKA growth next 301