スタートアップでもCIPO(最高知財責任者)を置く時代に

f:id:yujihsmt:20190612112016j:plain

スタートアップと知財の関係

スタートアップが成功するために必要な要素はどのようなものでしょうか。アイデア、資金、人材、営業力……パッと考えただけでも、いろいろな要素が浮かびます。

しかしながら、「知財力」(IP)をすぐに思い浮かべる人は多くないと思います。近年、起業して間もない時点から、戦略的に特許を取得するなどの知財戦略をもつことは、とても重要なファクターになっています。このように重要度が高まっているにもかかわらず、知財力というと「管理」という発想から逃れられず、面倒臭いと後回しにされているのが現状。

2019年はじめに「TECH PLAY SHIBUYA」で開かれたイベント「CIPO Night #1 - 知財力(IP)こそがビジネスを強くする!」では、知財力の重要性、そして、スタートアップがどのように知財に取り組んでいけばいいかをテーマに講演、トークセッションを行いました。

起業して、はじめて知財に触れた

f:id:yujihsmt:20190612111529j:plain
tsumugの牧田恵里社長

スタートアップの現場における知財力について、tsumug(ツムグ)の牧田恵里社長が講演しました。

牧田恵里(以下、牧田) 電子鍵を主力商品とするスタートアップtsumugを創業した当初、メンターで取締役でもある小笠原治(おがさはら・おさむ)に言われたのが「特許化はしておけよ」ということです。実は特許に触れたのは、それが人生ではじめてで。

「特許」や「発明」の定義そのものがわからなかったんです。自分たちの作っているものに特許性があるのかどうか、どの範囲まで特許を取ったらいいのか、自分たちがめざす事業に有用性のある特許とはどういうものなのか……などなど。

Webの業界だと、アイデア自体にはほとんど価値がないと思われています。アイデアはシェアすることの方に価値があるくらいに思っていたので、公開してしまった情報を特許として出すには何をしなければいけないのか、それすらもわからない状況でした。手探りで調べるところからはじまり、自分たちが手掛けるどの部分が発明に当たるかを調べて、言語化することに時間を費やしました。こういった点に関して、ハードウェアスタートアップの中では、比較的時間もお金もかけてきたほうだと思います。

結局、どこまでの範囲を特許化すればいいのかというのがわからないまま、時間やお金を費やさなければならないということに苦労をしました。自分たちの事業に意味のある特許領域と取得方法などを言語化できて、一緒に動いてくれる人がいれば、もっと楽だったのになとつくづく思っています。

「特許出願中」は投資家に刺さる

f:id:yujihsmt:20190612112724j:plain

牧田 先ほど、tsumugの投資家向け資料をお見せしましたが、小さな文字で「特許出願中」という表記されていたのを気づきました? 実はこれがすごく評価されるんです。これだけで「LTEで単体通信する何かすごそうなやつを作っているのね」という印象をもってもらえる。出願後のピッチで、投資家には特許というキーワードが刺さるというのを初めて体感しました。

IoTデバイスは製品そのものよりも、その先のサービスに価値があると思っています。tsumugも一社で全部やるのではなく、パートナー事業者と組んで、サービスとしてユーザーに提供したいと考えています。なので、tsumugが特許をとって、そこに市場が生まれ、パートナーと一緒に利益を享受できるものにしたいです。tsumugという社名も、一社や一人で何かを作り上げるのではなくて、既存産業とスタートアップがお互いを紡いでいくように新しい形を作っていきたいという意味で名づけました。

弁理士へ丸投げ──スタートアップの特許戦略の現状

f:id:yujihsmt:20190612112305j:plain

イベント後半では、牧田社長に加え、さくらインターネットの共同創業者でありtsumugの取締役でもある小笠原治さん、特許庁でスタートアップの知財に関わる松本要さんの3人によるトークセッションが行われました。モデレーターを務めたのは、弁理士で、エアロネクストの取締役CIPO(最高知財責任者)でもある中畑稔さん。

f:id:yujihsmt:20190612111656j:plain
エアロネクストの中畑稔取締役CIPO

中畑稔(以下、中畑) 投資家目線で教えていただきたいのですが、小笠原さんはスタートアップのもつ知財について、どこに重点を置いて判断していますか?

小笠原治(以下、小笠原) 正直スタートアップから、こういう特許をもっていますと言われたときに「これは価値がある」と思えることって、ほとんどないんですよ。「その部分だけ特許とっても、仕方ないよね」というのを見ると、逆に印象が悪くなったりします。弁理士さんに丸投げして、特許出しているだけという状態のスタートアップが、けっこうありますね。

中畑 そうなんですよね。弁理士さんに任せとけばいいやという意識のCEOが多い。何が特許になって、それをどのように守っていくかというような理解が不足しています。

小笠原 そもそも、数名でスタートアップを創業して、そこで経営者になった人がわかるわけないんですよね。一方で弁理士さんは、頼まれた内容を様式化して、申請することを生業としているので、言われたことしかやってくれません。そのせいで、効果的な特許になっていないと感じます。

中畑 投資家から「言ったことはやってくれるけど、ただ言ったことしかやってくれない」という話をよく聞きますね。今度は牧田さんに聞きたいんですけど、先ほどの講演の中で、小笠原さんから「ちゃんと特許化はしておけよ」と言われたとのことですが、言われた後に具体的にはどんなことをしました?

知財はまず「商標」から

f:id:yujihsmt:20190612111747j:plain

牧田 実は、特許よりも先に「商標をとっておけよ」と言われたのが最初でした。それで「商標って、どうやってとればいいんですか」って聞いて、弁理士さんを紹介してもらった。

中畑 商標って実はけっこう大事なんですよね。(弁理士の)私のもとにも、商標が他者にとられちゃったという駆け込み的な相談があるんですよ。社名、サービス名の他者商標調査をして、その範囲をカバーする社名の商標をとっていないというのはけっこう起こるんですよね。松本さんがいる特許庁のスタートアップ向けのWebページも、「まず商標から」と書いてありませんでしたっけ。

松本要(以下、松本) 特許庁のスタートアップ向けのページでは、「まず他社商標調査からはじめましょう」とお伝えしています。社名やプロダクト名など、ほぼすべての会社が関係しますし、炎上リスクもある。他社特許とか、他社デザインと違って、商標は他社に取得されていないかを比較的わかりやすく確認できるんです。

中畑 他者に商標をとられてしまったといった事態は、会社における知財についての責任が明確になっていないことが原因なんだと思います。そこで、企業の中に知財の責任者を置きましょうと提案しています。お三方に聞きたいのですが、その会社の知的財産すべてに対して、全責任を負うCIPOを置くことで、知財への意識って、変わると思いますか?

スタートアップにCIPOを置くことの意味

f:id:yujihsmt:20190612111808j:plain
特許庁の松本要さん

松本 僕は、経営者として知財というものを資産と捉え、主要な経営課題のひとつとして責任を負う必要があると考えている人が少ないと思っています。ただのコストと捉えている。なので、経営層の中に知的財産に責任をもつ人物を置くことは、近視眼的でない経営に取り組むメッセージとしても価値のあることだと思います。

中畑 松本さんのいる特許庁でも「アンドCIPO」というキーワードで、企業にCIPOを置くことを推進していますよね。その立場から、スタートアップを含むすべての会社に知財の最高責任者を置くことは企業の競争力に影響があると思われますか?

松本 そうなんです、知財の最高責任者を置きましょうという話を1、2年ほど前からしています。アメリカや中国、北欧などの海外では、研究開発型のファブレス(工場をもたない)であり、かつ買収やライセンスを駆使して急成長した企業を中心に、たとえばシニアバイスプレジデントの一人が、ボードメンバーとして知財専属の担当であるということを明示している会社が非常に多い。他方日本は、まだまだ不十分です。そのことが海外との競争力の差異につながっている可能性があります。知財を理解している責任者が経営戦略に関わる立場にいるということが非常に重要なんです。

中畑 tsumugの中では牧田さんがCEO兼CIPOみたいな立場ですが、もともと知財の知識はありましたか?

牧田 知財の知識はまったくありませんでした。小笠原さんから「知財のことを考えておいたほうがいいんじゃない」と言われて、考えるきっかけをもらいました。あと、チームのエンジニアが前職で発明を特許化していたので、教えてもらいながら何とかやってました。

中畑 牧田さんみたいに、知財に対する経験がない人でも、「やらなきゃいけない」と意識することからはじまると思います。意識さえできていれば、CIPOというのは、必ずしも弁理士でなくてもいいんです。CIPOを置くことによって、「うちは知財を経営資源としてしっかり活用する会社ですよ」という姿勢を発信できると思うんです。

小笠原 スタートアップでもCIPOを置くというのが理想なんですけどね。やること多すぎて、知財まで回らないんですよね。それにそもそも知らないので、知財の優先順位を上げられない。しかも相談する相手も身近にいない状態なんです。

中畑 なるほど、スタートアップの現状は厳しいですね。

小笠原 よく周りで見かけることなんですけど、エンジニアが自分のアイデアを信じて、それを作り上げていこうとしているんだけど、失敗したときのことを考えていないんですよね。少なくとも事業が失敗したときに、その特許が活きる可能性があるのに、戦略的に手を打っていないんです。先に世の中に出せば、他の会社は特許がとれないから大丈夫という考え方なんです。

小笠原「知財のスタープレーヤーって、名前出ます?」──ロールモデルの不在

f:id:yujihsmt:20190612111934j:plain
tsumugの小笠原治取締役

中畑 スタートアップで、こういう人材がいればいいなというのはありますか? どういう人材がスタートアップの知財を盛り上げていけますか?

小笠原 僕はまだその手前にあるような気がしていて、知財分野でのスタープレーヤーって、誰か名前を出せます? 知財でロールモデルがないんです。

中畑 特許があったらからうまく行った、特許があったから救われたという事例が表に出てこない。

小笠原 表に出てこないですよね。たとえばiPhoneにアニ文字があるでしょ。あれだってひもといていけば、もともと研究開発していた会社があって、それをAppleが買っているんですよね。なんで買ったかと言えば、そこに特許があったから買ったみたいな。多くの人は、そういう知財による企業価値の構造の実例を知らないだけだと思います。その実例の啓蒙があって、それは誰が立役者だったか、その人が表舞台に立てば、それがロールモデルになっていくのではないでしょうか。どういう人材というよりは、とにかく知財の責任者を作るんだというトレンドを作っていくほうが早い気がするんですよね。

中畑 こういう人がいるから、それに続こうという人が出てくるということですよね。

小笠原 知財に関わっている方々は、控えめな人が多いですよね。「あの仕事はオレ」みたいに主張する人は少ないですよね。中には死にかけたスタートアップがその特許のおかげで、どこかにM&Aされて、助かった事例はあるはずなんですよ。だけど表に出てこない。

中畑 tsumugが先陣を切って、そこを作る。そして、次に紡ぐという感じですね(笑)。

牧田 ハードウェアを作るときに、エンジニアから機構部分に関するいろいろなアイデアが出てくるから、彼らが思いついたものを特許にしてあげたいと思ったんです。tsumugは業務委託のメンバーでチームが組まれているので、アイデアを思いついたメンバーを発明者として、特許化して権利をちゃんと、ストックオプションじゃないですけど、その人がもてる状態にしたい。

開発と知財担当の協働が大切

f:id:yujihsmt:20190612112016j:plain

中畑 松本さんから見て、知財で模範となる事案とか人はありますか?

松本 日本企業ではなくて中国の事例なんですが、先日深センに行ってきて、深センで中国人のやっているスタートアップを訪問してきました。そのスタートアップはすでにユニコーン(評価額10億ドル以上の非上場で設立10年以内のベンチャー企業)で、規模がかなり大きいのですが、オフィスを見せてもらうと、開発部門と知財部門フロアを同じにしていて、デスクが入り混じるようになってていたのです。話を聞くと、創業当初から意識的にそうしていたとのこと。日ごろから発明発掘や次の事業に向けたコミュニケーションができる体制が意図的に組まれていました。

小笠原 それ、いいですよね。知財を可視化する行為が開発や設計の横で行われている。かつ知財にしていく人にも、共同発明者ある程度のインセンティブが入るとか、知財担当者の人もきちんと発明に関わっている一員だという流れができれば、スタープレーヤーも生まれるかもしれないです。

文:藤井 武

ライターを目指すSier勤務のエンジニア。IoT分野はただ今勉強中。tsmug edgeに関わりだしてから、家に深セン発の怪しいガジェットが増えた。中華製デジタルアンプがお気に入り。

写真:山﨑悠次

株式会社 tsumug | 〒810-0041 福岡市中央区大名 2 丁目 6-11 FUKUOKA growth next 301