手洗いをAIで自動判定、TiNK Desk福岡ももちで体験してみました

f:id:manuts_y:20211219212650j:plain
どこに行っても新型コロナ対策が叫ばれる今日この頃。お店や公共施設に入る際には、マスクの着用や手指のアルコール消毒が求められるのはごく普通の光景になりました。
感染対策にはさまざまなやり方がありますが、「手洗い」は手軽にできて効果的な手法です。その一方で「正しい手の洗い方」は、医療関係者や飲食業に関わる人でなければ身についていない人も多いです。

そんな「正しい手の洗い方」を、AI(人工知能)で判定する仕組みが登場しました!
フリーランスや複業従事者、リモートワーカー向けのワークスペース「TiNK Desk」を提供するtsumugは、福岡市の「福岡市実証実験フルサポート事業『Beyond Coronavirus』」に参加。既に実施していた非接触体温計による遠隔体温検知に加え「手洗い判定機」を設置して、実証実験を行っています。
手洗い判定機を設置しているのは「TiNK Desk 福岡中央区役所前(中央区)」「TiNK Desk 福岡 ももち(早良区)」の2カ所。さっそく「福岡ももち」で実際に体験してみました!

福岡市のベイサイドである百道浜(ももちはま)。TiNK Desk 福岡 ももちは、百道浜エリアでは老舗のコンドミニアムホテル「ザ・レジデンシャルスイート福岡」の1310号室にあります。敷地内にコンビニエンスストアや飲食店も豊富にあるので、ちょっとした買い物や食事にも不自由しません。

LINEから予約すると、ホテルのフロント奥にある客室棟に誘導されます。スタッフと直接会話する必要はないので、感染予防の観点からも安心ですね。

「1310号室」なので13階だと思いがちですが、実際のお部屋は3階。室内に入ると、まずはアルコール消毒と検温。非接触型体温計の画面を写真で撮って送信すると、TiNK Deskで使えるクーポンがもらえる仕組みです。
f:id:manuts_y:20211219211605j:plain

f:id:manuts_y:20211219211603j:plain


それではさっそくデスクに……いや、その前にまず手洗いしないと! ということで、洗面所にやってきました。

洗面台の脇にはタブレット。鏡の上にカメラがあります。これで手洗いの様子を撮影し、判定するわけですね。

f:id:manuts_y:20211219211558j:plain

「石けんを手に取ると、判定が始まります」というメッセージがタブレットに表示されたので、ハンドソープのボトルを手に取ると……。

f:id:manuts_y:20211219211556j:plain

カメラの映像を基に、AIが判定をスタートしました!ハンドソープ、水栓、洗面ボウルの各部分に手があるかどうかを判定している様子。まずハンドソープを手に取る前に、手をすすいで濡らします。その後、ハンドソープを手に取り10秒間しっかり手を洗って、水できれいにすすぐこと。両手が重なった状態で10秒以上洗っている状態を保つと、ちゃんと洗っていると見なして合格! 逆にちゃんと洗っていないと判定されると、最初からやり直し! 判定はなかなかシビアです。

f:id:manuts_y:20211219211553j:plain

これで、無事に手洗いの行程終了です。

f:id:manuts_y:20211219211551j:plain

判定結果の画面をスマートフォンで撮影して、専用フォームからアップロード。

f:id:manuts_y:20211219211546p:plain

すると、その日から使えるTiNK Deskのクーポンがもらえます。きちんと手を洗えて、クーポンまでもらえる。TiNK Deskユーザーとしては一挙両得ですね。

f:id:manuts_y:20211219211540p:plain

ということで、無事に手も洗えたので予約したワークデスクに。各種充電用ケーブル、モニター、デスクライトもあって非常に使いやすいデスクです。サイドにはホワイトボードもあり、思考の整理やメモ書きにも重宝しそう。集中して仕事に取り組める環境が整っています。

正しく手を洗い、清潔な環境でデスクワークに打ち込めるTiNK Desk。ぜひ一度、試してみてくださいね!

株式会社 tsumug | 〒810-0041 福岡市中央区大名 2 丁目 6-11 FUKUOKA growth next 301